症状を知っておこう|かかると辛いノロウイルス

マスク

冬の病気をしっかり予防

冬になると大変多くの人がかかってしまうノロウイルス。症状は発症後数日程度で収まりますが、何度も嘔吐したり脱水症状を引き起こしてしまう場合もあります。その為、普段からしっかり手洗いやうがいを心がけ、感染のリスクをしっかり抑制しましょう。

特効薬がないからこそ

細菌

小児やお年寄りは特に注意

人から人への感染や、汚染された食べ物を摂取することで、大流行につながりやすいのがノロウイルスです。特に冬季は、嘔吐下痢を伴う風邪に紛れて流行が広がってしまうことも多いものです。辛い症状で悩まされないためには、自分自身で健康管理に気を付けるほか、感染源からウイルスを広げない努力も必要となります。そのためには、できるだけ早期にノロウイルスの症状を見極めることが大切だと言えるでしょう。ノロウイルスに感染したとき、もっとも特徴的な症状となるのが嘔吐です。このほか、ひどい下痢の症状に悩まされる人も多くいます。頭痛や倦怠感、微熱などの症状が現れることもあり、幼い子どもやお年寄りは重症化しやすいので注意が必要です。ノロウイルスの場合、感染してからわずかな時間で症状が出てしまいます。潜伏期間は1日から2日と短く、これも流行しやすい原因となっています。症状が現れたからといって、残念ながら特効薬は存在しません。ゆっくりと身体を休めることが大切で、嘔吐や下痢で脱水症状にならないよう、対処療法をするしかありません。水分の経口摂取が難しい場合、点滴治療を行う必要があります。このような症状が表れたら、ノロウイルスを疑ってください。周囲の人に広げないためにはどのような対策が必要なのか、わかるはずです。特に病人を看病している人は、相手の、そして自分自身の症状を冷静に観察する必要があります。重症化リスクが高い人が感染しないよう、配慮してあげましょう。

ウィルス

発症原因と状態

冬になるとノロウイルスがまん延します。ノロウイルスは子どもがかかりやすいため、小さな子供がいる家庭は要注意です。症状は、下痢や嘔吐、微熱、そして腹痛になります。これらの症状が出たときは、周りに感染する恐れがありますので、しっかり消毒をして感染を防ぎましょう。

男性

冬の感染症で注意すること

ノロウイルスは症状が強い時期は短期間ですが、感染力が強いため注意をしながらケアをします。おう吐物やくしゃみ等の飛沫感染が主な感染経路で、時折、生食用の貝類からノロウイルス感染症にかかることもあるようです。