症状を知っておこう|かかると辛いノロウイルス

発症原因と状態

ウィルス

どこに気をつけるか

冬になると様々なウイルスが活動しはじめますが、その中でもノロウイルスは子供を中心に広く蔓延してしまいます。ノロは、どのような症状があるでしょうか。一つは微熱になります。一番最初にあらわれるのが熱っぽい感じです。子供の場合は体温が高めですので38度ぐらいまで熱が上がりますが、37度台でもウイルスに感染している可能性があります。熱だけの症状だと、冬に流行る風邪と勘違いしてしまいがちです。ですが、そのあとに吐き気が出て、嘔吐の症状が出たならば、ノロウイルスに感染している可能性が高いです。また、腹痛の症状が出ることもあります。嘔吐と腹痛の場合には下痢をしているかもしれません。では、発症するにはどのぐらいの時間がかかるでしょうか。通常24時間から48時間です。例えば小学校のクラスでノロウイルスが広まり、48時間経過しても腹痛が起きたり微熱が出たりしなければ感染していないと考えてよいです。ただし、完全に収束するまでは油断は禁物です。大人の場合は、子供がノロウイルスにかかったら、感染しやすい環境にますので十分に気をつける必要があります。当然48時間以上経過しても症状に変化がなければ感染していません。感染経路は、排泄物や嘔吐物になります。トイレを利用する場合は、しっかりと除菌をしてから利用するように心がけましょう。特に学校のトイレを利用する場合や、家族の中でノロウイルスにかかってしまった人がいる場合は、入念に消毒をする必要があります。